熱中症を防ぐ為の服装とは?

こんにちは。
毎日暑い日が続き都心部では連日35℃超えの猛暑日が続いています。「この暑さいつまで続くんだろう…」なんて憂鬱な気持ちになってしまう人もいるかもしれません。

熱中症を防ぐ為にはこまめな水分補給が大切です。外に出ても暑くても汗をかけない人ほど体調を崩しやすいと言われていますのでくれぐれも注意するようにしてくださいね。

熱中症は服装も大事

さて、熱中症対策には服装の工夫も大切です。

外部からの熱の吸収を抑えるものであり、体内の熱を逃す服装を選ぶようにしてください。吸収性の高さを考えるのであれば、服装の素材は綿や麻を使うのをおすすめします。近ごろの服装はポリエステル素材のものも多いのですが、汗をたくさんかくお子さんなどは綿素材を選んだほうがいい場合もあります。

ちなみに夏の暑い時期になるとあえてインナーを着ない人も多いのですが、インナーとアウターの中に空間が出きる分、通気性を促してくれたり熱を遮断することにも繋がります。

また、黒など熱を吸収しやすい色のアウターだと熱中症の危険性もありますので、白など淡い色合いのアウターを選ぶようにしてくださいね。

まだまだ夏の暑さが続きます。そんなときこそかさまるくんで熱中症対策も取り入れてみてくださいね。