睡眠の質の低下が熱中症のリスクを高める

こんにちは、皆さんは夜に冷房をつけて寝ていますか。日本人は比較的冷房を使いたがらない傾向にあると言われています。そのため夏の夜など熟睡できず、睡眠の質が低下してしまいがちです。

睡眠の質の低下が熱中症のリスクを高める理由

人間は眠るときに体の深い部分にある「深部体温」を下げないと、深い眠りにつくことができないと言われています。そのため体の表面から熱を逃がす必要があるのですが、夏の熱帯夜のように暑い環境が続いていると体温が下がらなくなり睡眠の質が悪くなってしまうのです。そのため、何度も目が覚めてしまったり寝苦しさを感じてしまうこともあります。

寝ている時に冷房をつけるのは良くないものだと思っている人も多いのですが、29℃を超える熱帯夜には、基本的には冷房をつけておくようにしましょう。高齢者の方だけに関わらずすべての年代にいえることですので、睡眠の質をあげるためにも冷房をつけて寝るようにしてくださいね。

特に日本は年々暑くなっているので、夜は冷房をつけたまま寝るようにして熟睡できるようにしましょうね。また、外出するときはかさまるくんをつけるなど、しっかりと熱中症対策をしてお出かけするようにしてくださいね。