子どもは大人よりも熱中症になりやすい

こんにちは、お盆を過ぎ少しずつ猛暑も和らいできましたね。さて、こんな暑さでも子どもは外で元気に走り回っておりますが、子どもは暑さに強いと勘違いしてしまっていませんか?子どもの熱中症は大人以上に気を付けなくてはいけません。

子どもは暑さに弱い

子どもが遊園地で楽しそうに遊んでいたり公園で走り回っている姿を見ていると「子どもは元気だな~」なんて思ってしまいます。部活でも炎天下のなか走り回っていますよね。でも子どもこそ暑さには弱く熱中症を起こしやすいと言われています。

もともと自分で体調管理ができないうえに、大人よりも水分量が多く大量の汗をかきます。そのため脱水症状を起こしやすいのも子どもの熱中症の特徴です。さらにもともと身長も小さく、地面からの照り返しの影響を強く受けます。外遊びに夢中になっているあまり、水分補給を忘れてしまい体調を崩してしまうのです。

少しでも大量の汗が出ていたり、体のだるさや吐き気を訴えたときは医療機関を受診して早めに直してあげることが大切です。外にいるときに限らず、部屋のなかにいるときも快適な温度環境を整えてあげてくださいね。もちろん、一緒に外で遊ぶママやパパもかさまるくんでしっかりと熱中症対策を心がけてくださいね。