夜間熱中症など室内の熱中症も注意

こんにちは、今日は晴天が広がり気温がぐんぐん上がっている地域も多いのではないでしょうか。やっと涼しくなったと思ったら暑さの逆戻り。そんなときこそ気を付けたいのが夜間熱中症です。

夜間熱中症とは?

実は熱中症の約4割は、夜間に起きているといわれています。そもそも夜間に熱中症が起こるのは、日中に壁や天井が暖められることによって熱が蓄えられてしまい放射熱になり、室内の温度があがることにあります。加えて、寝ているときは水分補給をしないので、コップ一杯分の汗をかくといいますし、脱水症状がおきやすいのです。言われてみれば、朝起きたときに喉がカラカラで体が重くぐったりとしていることはありませんか?

夜間に熱中症になると自分では気づきにくく症状が悪化してから気付く場合がほとんどです。なんとなくめまいがしたり体が火照ってだるさを感じることも…。少しでも汗のかきかたがおかしいなと思ったときは、重症化していることもありますので夜間熱中症を意識することが大切です。

特に子どもや高齢者など冷房をつけずに寝たほうが健康にいいと思っていますが、睡眠の質を低下させることになり日中の熱中症を助長してしまいます。お出かけではかさまるくんで直射日光を避け、自宅では適切に冷房を使い体にかかる負担を減らしてあげましょう。