環境庁が発表している暑さ指数「WBGT」とは

こんにちは、3連休も過ぎ本日からお仕事の方も多いのではないでしょうか。9月も半ばと考えると時間が過ぎるのは本当に早いなと感じます。さて、本日は環境庁が発表している暑さ指数「WEGT」について説明します。

暑さ指数WEGTとはなに?

テレビやラジオなどの天気予報で当日もしくは、翌日の予想気温を発表していますよね。また熱中症の予防を含めた情報サイトも開設しており、誰でも確認できるようになっています。

全国の841箇所の地点で暑さを色分けして表示しているので、その一覧を見て「今日は熱中症の危険性が高いのか」「比較的安全なのか」を知ることができます。

つど確認するのが面倒であれば、メールにて毎日届けてもらうこともできお出かけ前に確認すれば熱中症に備えることもできますね。

ちなみに「ほぼ安全」「注意」「警戒」「厳重警戒」「運動は中止」の段階に分かれており、指数が高ければ高いほどそのリスクも高くなります。

特に気温が35℃以上を超えるとWEGT指数も31と最高クラスになりますので、特別な用事がある人以外は外出を中止したり、高齢者や子どもは出かけては行けない基準です。

こういった情報をうまく活用しながら、熱中症対策に取り組むようにしてくださいね。また、日傘やかさまるくんなどぜひ、熱中症対策にご活用くださいね。