赤ちゃんとお出かけ時の熱中症に注意

こんにちは、街を歩いている人たちの長袖率が増えてきたなと感じます。早めにクリーニングに出し冬支度を始めないといけませんね。今回は、体温調整がうまくできず熱中症になりやすい赤ちゃんとのお出かけについて説明します。

赤ちゃんは熱中症になりやすい

赤ちゃんは汗を調整する機能が未発達であること、体温調整が上手にできないため熱中症になりやすいと言われています。外出時の移動で使うベビーカーも風が弱く日差しが強い日に使用すると、もともとの温度よりも2度ほど高くなると言われています。そのため35度の猛暑日になるとベビーカーの体感温度は37度になり、いかに熱中症になりやすい状態なのかがわかりますよね。

気温が低くなってきたから安全というわけではなく、初夏など暑さに慣れていないときはもちろん、汗をかけず自分で水分補給のできない赤ちゃんは脱水症状も起こしやすくなります。直射日光が当たらないようにするのも大切ですが、ベビーカーの全体を覆ってしまうとなかに熱がこもりやすくなってしまいます。

少しでもおかしいな?ぐったりしているな?と思ったときは身体を冷やしたり水分補給も大切です。木陰で風通しのいい場所で休むのも最適。また、赤ちゃんとのお出かけだとママ自身の熱中症対策も忘れがちになります。かさまるくんを使って熱中症には十分に注意してお出かけを楽しんでくださいね。