熱中症は汗をかかない人ほど要注意

こんにちは、連日暑い日が続いていますね。この暑さはいつまで続くのやら…と考えると憂鬱な気持ちになってしまいます。さて、この暑さでも汗をかかない人もいるのではないでしょうか。実はこんな人こそ熱中症に注意が必要です。

汗をかかない人ほど熱中症にかかりやすい理由

汗をかくと汗ジミがついてしまったり匂いが気になったりと、できるだけ汗をかかずに過ごしたいと思っている人も多いかもしれません。ただし、汗には健康な身体を維持するためのさまざまな役割を担っています。

例えば体温調節もその一つで、体温が上昇したときに汗をかき気化熱を発生させることで、皮膚の表面の温度を調整してくれます。汗をかける人は健康な人になり、周囲の環境や体温の上昇に応じて汗をかくことで調整しています。

他にも汗には肌の保湿効果も期待でき、潤い維持にも貢献しています。汗をかけない人の肌は乾燥肌になってしまっていることもあり、肌トラブルの原因になります。汗は病原体から身体を守る効果もありますし、人間の身体を健康に保つ為にも欠かせないものです。

汗をかけない人は、体温調整がうまくできないばかりか、乾燥肌や病気にかかりやすくなります。その原因はさまざまなものが考えられますが、汗をかくのは熱中症対策以外にも嬉しい効果が期待でき大切なことなのです。

外出時はこまめな水分補給と、直射日光避けの日傘やかさまるくんを忘れないようにしてくださいね。