沖縄は暑いのに熱中症が少ない理由

こんにちは、台風の影響もあり雨が降ったり強風になるなど大気の状態が不安定になっています。午後からは真夏日にもなるそうで、まだまだ気は抜けませんね。日本で暑いところといえば「沖縄」です!でも沖縄って熱中症が少ないような…。それにはこんな理由があるんです。

沖縄に熱中症が少ない理由

沖縄は確かに暑いのですが、35℃を超える猛暑日自体が少ない傾向にあります。熱中症の危険性は猛暑日になると一気に高くなるので、沖縄は以外にも気温が低いことで熱中症が起きにくいと言われています。また沖縄は海に囲まれた県でもあり、海水温で冷やされた20℃程度の風が吹く「海洋性気候」でもあります。

そのため通年通して気温の差が少なく、日本でも一番変化の小さい県です。沖縄県内でも暑いのは本島よりも石垣島で、過去には36℃を越えた記録も残っています。

ただし沖縄の暑さに慣れていない観光客、子ども・妊婦さん・高齢者の方は熱中症の危険性も高くなります。年々熱中症になる人も増え、沖縄では重症化しやすいとも言われています。暑い地域に慣れているとはいっても油断は禁物です。十分に注意してお出かけを楽しんでくださいね。

夏のお出かけにかさまるくんがおすすめです!