熱中症対策に最適な洋服の色とは?

こんにちは、秋らしい涼しい日が続いています。みなさんはいかがお過ごしでしょうか。さて、熱中症対策に最適な洋服の色について説明していきたいと思います。熱中症になりにくい洋服の色って何色だと思いますか?

熱中症になりにくい洋服の色とは?

白や淡い色の洋服は、熱を吸収しにくく断熱性に優れています。夏でも白の洋服を着るとなんとなく涼しくなったような気持ちになりますし、風通しも良くなります。逆に濃い色の洋服だったり黒やネイビーなどは熱を吸収してしまい、洋服のなかに熱がこもりやすい特徴があります。とある実験で気温が33℃のとき、黒と白のTシャツの表面温度を測ったところ、白は35.3℃だったのに対して黒は47.3℃と全く異なることもわかっています。

ただ難しいのは黒のほうが紫外線対策をするうえでは効果があるとも言われています。白は紫外線を反射してしまい跳ね返りのもあり紫外線対策ができているとはいえません。熱中症対策を考えるのであれば白系の洋服がいいですし、逆に紫外線対策を考えるのであれば黒が最適です。

洋服に何を求めるのかによっても変わりますが、着ていて快適だなと思える色を選ぶようにしてくださいね。またかさまるくんもわすれずに♪