ヨーロッパも42℃の猛暑を記録!

こんにちは、急に寒くなり服装に困る今日このごろです。さて今年ヨーロッパでは記録的な暑さとなり、2003年以来の42℃の気温となりニュースになりました。どうしてそんなに高い気温になったのか?意外と知らないヨーロッパの気温についてご紹介します。

ヨーロッパで42℃の最高気温を記録した理由

ヨーロッパは大陸ならではの理由で42℃の高温になってしまうことがあります。アフリカにあるサハラ砂漠から大量の熱気が流れてきたこと、海面水温が高くなるエルニーニョ現象が起きたことにあります。

ヨーロッパというと比較的涼しい印象があるかと思います。日本のように自宅に冷房がついているご家庭は全体の6%程度にしか過ぎず、どちらかというと絵冷房は健康に良くないものと思っている人が多いようです。

ただ2003年8月にフランスで起こった熱波によって1万5000人の人が亡くなる事件もありました。その後からエアコンを導入するべきと考える人も増えているようです。日本で冷房のない生活なんて考えられませんよね。世界中で地球温暖化などの影響によって気温が高くなっています。

だからこそ、熱中症から身を守る為にしっかりと対策をしていくことが重要です。日本での熱中症対策にはかさまるくんがおすすめです。