日傘でも帽子でもない
新しい「日よけ」
“かさまる”

熱中症対策には帽子や日傘
そこに「第3の日よけ」かさまる

今までこんな経験ございませんか?

  • スポーツ観戦の時、日傘は他の方の迷惑になってしまう・・・
  • お出掛けの最中に日傘では片手が塞がってしまい不便・・・
  • 日差しがきついので帽子をかぶってしまいせっかくセットした髪形が台無しに・・・
  • 日差しよけの帽子や日傘では、荷物がかさばってしまう・・・

などなど・・・
昨今の夏季の熱中症対策は重要なものとなっています。

夏季の熱中症患者数及び熱中症による被害は2010年代に入り増加の一途を辿っています。
熱中症が発生する状況は多々考えられますが特にサッカー・野球などのスポーツ観戦、フェスなどの音楽イベント等多くの観客が集まるような場所に多い傾向にあります。

日本は今後、ラグビーワールドカップ(2019 年 9 月 20 日~11月2日)
東京オリンピック(2020 年7月24日~8月9日)
パラリンピック( 2020 年8月25日9月6日)
関西ワールドマスタズーゲーム(2021年5月14日~5月30日)
と、3年連続で国際規模の大きなスポーツイベントを控えており、スポーツ観戦における個々人での「日よけ」「熱中症」への対策には、さらに重きをおく必要が迫られています。

そこで日差しよけの新たな選択肢としてかさまる!


一般的に、スポーツ観戦のスタジアムでは、周囲の観客の迷惑になるという理由から、傘を使用することは基本的に禁止であることが多いものです。
仮に使用許可があったとしても、危険であることに変わりはなく、また、片手が塞がりかさばってしまうデメリットも発生します。
当然ながら「帽子」という選択肢もありますが、猛暑では頭が蒸れることもあり、
「屋根のない場所での適切な日よけ」というものはこれまで他に選択肢がありませんでした。
「かさまる」は、上記のようなデメリットを解消し、スタジアム等でも周囲の迷惑にならず、さらに手も塞がらず頭も蒸れないという、
「炎天下でもより快適に過ごせる新たな形 」の日よけです。

かさまるの詳細・ご購入はこちら